販売商品

マジックバルブ パッと!(停電時自動点灯バッテリー内蔵LED電球)

img_magicbarubu03

自動停電感知機能搭載!

  • フル点灯約3時間/ハーフ点灯約6時間切替え式
  • 照明灯点灯 2パターン兼用
  • 胴体部分を引き延ばせば懐中電灯になります。

 

詳細はPDFファイルをご覧ください(PDF:594KB)

商品の仕様について

 

*****自動停電感知機能搭載!!*****

「マジック バルブ パッと!」は通常LED電球として使用し、停電時には周りが暗ければ壁のスイッチに関係なく、自動点灯します。
*注意:停電テスト等をする場合は、周りに電磁波を発生させるものがあると誤動作の原因になります。
停電感知用の回路を内蔵しており、微弱な電源波形を検知して動作します。
照度センサーを内蔵していますので、テストの際は暗くしてください。
いざという時の為に一家に1台のご使用を強くお勧めいたします。

・停電検知は内蔵のバッテリーを使用します。1日当たり30分程度の点灯(充電)をしてください。
それよりも短い時間、もしくは停電検知状態のままで使用すると最短で10日前後で内蔵電池の容量がなくなり点滅します。
点灯してしまった場合は、一度満充電になるまで充電してください。

 

マジックバルブ パッと!のスイッチの説明

 

imgpatto02 imgpatto07
imgpatto03 imgpatto04

 

imgpatto05

 

imgpatto06

 

マジックバルブ パッと! 5W 停電時自動点灯バッテリー内蔵LED電球 白色

 

imgpatto09
5W仕様 MBP5W-B
電圧 AC100V~240V
消費電力 5W
内蔵バッテリー リチウムイオンバッテリー2200mAh
重量 約180g
口金 E26
内蔵センサー 停電感知/照度
重量:約180g サイズ:Φ70 × 122~157mm
バッテリー駆動時間:約3時間 バッテリー充電時間:5~6時間
カラー 白色
JAN4580167222621 全光束(lm) :320
フル点灯約3時間/ハーフ点灯約6時間切替え式
停電時点灯試験をされる場合は、周りに電磁波を発生させるものがない状態でテストしてください。電磁波発生源があると誤動作することがあります。
調光機能付き照明器具では使用できません。

 

マジックバルブ パッと! 5W 停電時自動点灯バッテリー内蔵LED電球 電球色

 

imgpatto10
5W仕様 MBP5W-A
電圧 AC100V~240V
消耗電力 5W(LED照明部のみは4W)
内蔵バッテリー リチウムイオンバッテリー2200mAh
重量 約180g
口金 E26
内蔵センサー 停電感知/照度
重量:約180g サイズ:Φ70 × 122~157mm
バッテリー駆動時間:約3時間 バッテリー充電時間:5~6時間
カラー 電球色
JAN4580167222614 全光束(lm) :320
フル点灯約3時間/ハーフ点灯約6時間切替え式
停電時点灯試験をされる場合は、周りに電磁波を発生させるものがない状態でテストしてください。電磁波発生源があると誤動作することがあります。
調光機能付き照明器具では使用できません。

 

 

***使用上の注意***

・蛍スイッチでは蛍ランプがつかない場合や暗くなる事がありますので、使用はお控えください。
・蛍スイッチを使用すると停電検知が誤作動しスイッチを切った状態で点灯する場合があります。
その場合は、蛍スイッチを使用する照明機器では使用出来ません。
・複数のE26ソケットを有する照明機器では内蔵回路に因って、停電検知が誤作動しスイッチを切った状態で点灯する場合が
ありますので、使用出来ません。
・家庭内配線方法、または壁の照明スイッチのタイプによっては停電検知が誤作動する場合があります。
壁のスイッチを切っても、すぐに点灯してしまう場所では使用できません。
(両切りスイッチ使用時など [ 例えば東芝ライテック製 両切りスイッチDタイプ WDG1112、NDG1112 など ] )

 

 

***注意***

・「マジックバルブ パッと」は停電時自動点灯するLED電球ですが、消防法上の非常灯としての規格は取得しておりません。
・非常灯の補助としてお使いください。
・リチウムイオンバッテリーは消耗品です
・充放電を500回程度繰返すと、バッテリーの寿命となります。
・LEDインジケーターが赤でも使用可能です。
但しその場合、点灯時間が短くなります。また、バッテリーの劣化とともに点灯時間も短くなります。
・バッテリーは交換できません。
・停電検知は内蔵のバッテリーを使用します。1日当たり30分程度の点灯(充電)をしてください。
それよりも短い時間、もしくは停電検知状態のままで使用すると最短で10日前後で内蔵電池の容量がなくなり点滅します。
点灯してしまった場合は、一度満充電になるまで充電してください。

緊急時の対応やバッテリーの劣化による不具合を避けるためにも、2~3年を目途に交換をお勧めします。
・バッテリーが切れた場合は停電時自動点灯機能は機能しません。
・防水ではありませんので、水等に落としたり、湿気の多い場所でのご使用はできません。
・3ヶ月に1回は充放電をしてください。使用せず放置しますと、電池の充電能力が著しく劣化し、使用できなくなります。

 

*リチウムイオンバッテリーの寿命について

一般的に充放電を500回繰返すとバッテリーの寿命の目安です。
この目安とは初期容量の50~70%程度に減少することを指します。
ただし、全く使用出来なくなる訳ではありません。
緊急時の対応やバッテリーの劣化による不具合を避けるためにも、2~3年を目途に交換をお勧めします。
容量に応じて点灯時間が短くなります。

 

imgpatto08

その他の写真

img_magicbarubu04
  • お問い合わせ無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせは048-522-6055まで